wifiの速さにおいて、電波の違いを表す「a」と「g」がありますが、それぞれに特徴があり、「a」は通信速度が「g」の3倍ありますが、障害物に弱いです。

 

対して「g」は、通信速度はそれほどですが、障害物に強いことになります。

 

よって、wifi機器の近くでは「a」を、機器とは別の部屋では「g」を使うのがおすすめとなります。