民間で働く人だけでなく、公務員含めた人にとって、ある特定の時期に一大イベントとしてボーナスがあります。

 

月の給与以外での大きな収入になることから、時期をしっかり把握しておきたいところですが、今の時代には転職があり、貰い損、受け取り損といった機会損失は避けたいでしょう。

 

それを防ぐための転職時の交渉がありますが、一般的な常識としての夏と冬のボーナスが支払われる時期を知っておくといいでしょう。

民間と公務員の、夏と冬のボーナス時期はいつか?

お金

 

夏と冬のボーナスですが、公務員では法律として支払い時期が固定されています。

 

国家公務員では、夏は6月30日、冬が12月10日となっています。

 

地方公務員では、条例等の絡みもありますが、およそ国家公務員と同じ日にボーナスが支給されます。

 

対して民間企業では、業界、業種に応じて自由に夏と冬のボーナスを支給できますが、それでも夏は7月上旬、冬は12月上旬が一般的です。

 

もちろん少数の企業では、年3回もボーナス支給があるところがあり、時期も上記の通りとはなり得ませんが、参考としては役に立つでしょう。

民間と公務員のボーナス支給額はいくら?

 

まず民間企業といっても膨大の中小企業とごく少数の大企業では金額が大きく違ってきます。

 

加えて金融といった分野では、月の給与よりもボーナス(成果給としての意味合い)が年収の大半を占めることから、大きな開きが生まれます。

 

マイナビ転職の調査によると、民間企業の夏、冬ボーナスそれぞれで以下のようなデータが出されています。

 

夏のボーナス

夏のボーナス

出典 https://www.mynavi.jp

 

夏のボーナスでは、割合的に20~30万円台の支給額となります。

 

平均値は46万円となりますが、これはごく少数で100万、200万以上のボーナスを得ているプレイヤーがいるためとなります。

 

最頻値となる中央値では、35万円ほどとなり、一般的なサラリーマンであれば、この額であれば、少なくとも理解できるボーナス額になるでしょう。

 

冬のボーナス

冬のボーナス

出典 https://www.mynavi.jp

 

続いて冬のボーナスになりますが、こちらは冬に比べてかなり高い数値となります。

 

平均72万円、中央値で36万円ほどとなります。

 

このグラフで注目されるのが、およそ全体の16.7%の方がボーナス支給なしという点です。ボーナスは業績に応じてということもあり、支給義務はないので、法律的に問題ないものの、やはり心寂しいものがあるでしょう。

 

さて、公務員のボーナスはいくらが相場になっているかということですが、夏は60万円、冬は70万円となっています。

 

下手に中小の民間企業へ就職するよりも、地方公務員として働くことが収入的にメリットが大きいことになります。

夏と冬のボーナス間際での退職の注意点について

副業

 

ボーナスは会社ごとに大きく違いますが、それでもひと月分の給与くらいのお金が支払われるということで、もらい損だけは避けたいところです。

 

何かしらの理由で会社を退職する場合には、夏、冬のボーナスをしっかり受け取ってから退職できるように、転職先の企業との交渉は不可欠です。

 

もしボーナス前に転職を要請された場合には、その旨の事情を話して、いくばくかのお金を給与に上乗せする形でもらえるかといった提案はしてみてもいいでしょう。

 

同様に転職先の企業での、夏と冬のボーナス取得条件の確認も重要です。

 

夏と冬のどちらかが満期でもらえないようであれば、割引されたとしても、7~8割はもらえないかという話もしていいはずです。

 

円満な転職になれば幸いです。