土曜の丑の日には、ウナギを食べることが一つの慣習となりますが、ウナギは貴重なため、非常に値段が高い食材となります。

 

そのためちょっとしか食べられないといった残念なことになりますが、これを解消するおすすめの代用品を紹介します。

ウナギのような食べ心地のおすすめ食材!

 

ウナギに限りなく近い食べ心地を演出するものとして、鶏皮があります。

 

鶏皮に和風だしを加えて炊飯器で炊き、さらにかば焼きのタレで炒め、そして最後に山椒を多めに振りかけます。

 

ウナギ

 

これだけの手間をするだけで、限りなくウナギに近い味と食感を楽しむことができます。

 

ちなみにお値段の方ですが、鶏皮を使用しているので、原価は200円ちょっとで足りることになります。

 

ウナギであれば1000円、2000円くらいかかってしまうので、コスト的にも非常にパフォーマンスが高いやり方となりますので、土用の丑の日に是非ともお試しください。