時折、明確な理由がない状態で、甘いものが食べたい、コーヒーが飲みたいといったことはないでしょうか。

 

楽しむ分にはさほど問題がありませんが、その欲しいものの陰には、実は身体が異変を訴えていることもありますので、その点について紹介していきます。

無性に欲しいものの正体!?栄養不足が陰にあり

 

非常にわかりすい例としては、疲れているときや頭を使った時には、甘いものが欲しくなるといったことが一度ならずあるかとお思います。

 

要は甘いものに含まれている栄養素が不足しているとも言い換えることができますが、甘いもの以外に、無性に欲しくなるものの正体、不足している栄養素について紹介していきます。

 

栄養

 

基本的に健康的で、バランスの取れた食生活を送っていれば問題ありませんが、必ずしもそうした生活が送れるとは限らないので、もし無性に何か飲みたい、食べたいといったことが起きた場合に、上記を参照しつつ、ビタミン剤などですぐに補給するとよろしいかと思います。

 

またこれの進化verとして「寝ても寝不足、ごはん食べた後に異常な眠気に襲われる、疲れが取れない、昼間の事が頭に入らない」といった症状から原因を考え、例えばビタミンB1の摂取すれば解決といった具合になるのが理想でしょうか。

 

自身の身体は一番本人がよく知っているということは確かでしょうが、意外と穴があることは覚えておいて損はないのではないでしょうか。