一般的な企業では、労働時間を記録するためにタイムカードが用意されています。

 

これによって手続き上、残業代などの仕事の報酬に関わってくることから、非常に重要なものになりますが、ブラック企業では、これを悪用することが指摘されています。

 

それは定時に社員のタイムカードを押させて、そのまま残業させるといったものです。

 

いわゆるサービズ産業になりますが、将来的に会社と戦う際には証拠が不可欠ですが、パソコンの機能を利用した証拠集めについて紹介します。

パソコンの機能を利用した残業時間の把握の仕方について

 

社員に無理やり定時にタイムカードを押させて、残業させるとどうしても記録に残らないので、社員の方で、記録をつけるなどアナログな方法で証拠を収集することが一般的ですが、仕事で何かしらPCを利用しているようであれば、その機能を利用して証拠集めができます。

 

以下画像を参照ください。

 

履歴

 

パソコンの利用履歴で、起動した日時やシャットダウンした時間が記載されています。

 

これを印刷するなりして、裁判に備えて準備することが賢明です。これらの資料を会社に提出すれば、先方も諦めて、残業代を支払うことも考えれます。

 

泣き寝入りしやすいサービス残業の案件ですが、できる限りそうしたことのないように自身で防衛網を張っていきたいところでしょう。