ほぼすべての人が加入している健康保険がありますが、その他にも民間の保険屋を利用して、がん保険をかけている方もいるのではないでしょうか。

 

確かに実際にがんにかかってしまえば、金銭面でも安心できますが、そうでなくても国の制度を利用して、それに近い安心を得られるので、おすすめしたいところです。

がんの患者に適用される国の制度について

保険

 

通常病院に通う際には、健康保険を使用されると思いますが、受ける医療のレベルが高くなるに従い、金額が高くなります。

 

2割、3割負担と言っても、がん治療を受けると、ものすごい金額になるとされています。

 

また同時に仕事もできなくなるケースがあるので、だからこそ医療保険が売れるという仕組みになりましょう。

 

しかし毎月の保険料もかかることから、加入していない方も大勢いるでしょう。

 

そうした人がいざがん告知されてしまった際にどうすればいいかという問題があります。

 

おすすめの方法は、高額医療医療費制度と障害年金の活用があります。

 

前者は毎月の医療費が一定以上になると、その分の金額を補助してくれる制度で、また後者は障害を持った時にそれに対する補償としてお金が付与されるものになります。

 

後者ですが、がん患者が貰えるというのはいささかイメージがわかないことから周知されていないものになりますが、実は申請すれば、給付されることとなっています。

 

厳密には重病になり、年金をもらえない可能性のある患者さんが、前払いとして、年金を受給できるという制度と言えます。

 

せめて金銭面でも充実した補助を得られるとよろしいかと思います。