6月の梅雨のシーズンに突入すると、じめじめした湿気が嫌な時期に突入します。

 

日々の生活では、洗濯物の乾きが大きく悪化することにもなり、室内干しが多くなったります。

 

そのせいか、生臭い臭いが残った洗濯物が出来上がることもあり、対処が難しいことになりますが、簡単にできるその防止法を案内していきます。

洗濯物の生乾き臭いを防ぐ方法について

洗濯物

 

洗濯物の乾燥が完全ではに場合に、湿気が混じった服であることから、なんだか着心地が悪くなることは明らかですが、洗濯物自体にもダメージがあります。

 

なのでしっかり乾燥させたいでしょうが、それができずに生乾きになってしまったというケースではどうしたらいいかです。

 

一つの方法として掲示すると、洗濯物を給油機のお湯につけることです。

 

温度はできるだけ高い方がいいですが、60℃もあれば十分になります。時間は10分、臭いがキツイようであれば、20分付けるといいでしょう。

 

なぜ洗濯物の生乾きを取り除くために熱いお湯につけるかということですが、この臭いの原因は菌であり、香水や柔軟剤では解消できないためです。

 

これで日常生活のトラブルを一つでも解消できれば幸いです。