魚の中でも人気のあるマグロですが、スーパーでよく見かけるものの、どれを選んでいいか迷うことがあります。

 

基本的に値段の高いものであれば、いいところのマグロというイメージですが、どういったものがいいかについて解説していきます。

おいしいマグロはどの部分がいいか?

 

魚関係の仕事をしているというのでなければ、通常見立てだけではなかなか品質というものがわからないようになっていますが(食べればわかりますが・・・)、事前の段階で、およそ当たりか外れかがわかる方法があるようです。

 

当たりに相当する部類は、マグロの真ん中で、逆に外れが尻尾に近い部分になります。

 

一番いい方法は、そのコーナーの店員に問い合わせることになりますが、そうしたことが嫌いであれば、見た目で判断しないといけません。

 

その方法ですが、以下のような手続きでやると、おいしいマグロが見分けられるようです。

 

マグロ

 

まとめると、まずスジ目が縦にかつ平行に入っていて、なおかつ赤いシミが出来ていないことになります。

 

大きめのスーパーではある程度陳列されているでしょうから、同じ値段のものでも、いいものと悪いものがあったりしますので、これを機に目利きしてみて欲しいです。

 

初めは上手くいかないことが多いでしょうが、それでも何度も意識して選ぶうちに美味しいマグロを自然と選べるようになってくるはずです。

 

こうした技術を有効に活用していきましょう!