勉強や仕事でも、基本的にスピード、つまり量が求められることになりますが、クリエイティブな業界、例えば絵やイラスト、漫画の世界でもほぼ同様なことが起きています。

 

確かに質を改善するためには量が必要であると偉い人も言っていることもありますし、まずはスピード重視で取り組むことをおすすめします。

 

さてそのスピードですが、初心者の方でどうすればいいか悩んでいる方がいましたら、量産脳について紹介します。

絵やイラストを大量生産!量産脳の鍛え方とは?

 

すばらしい絵やイラストを描くには最終的には才能ということになるのでしょうが、一般レベルでは、やはり訓練、つまり積み重ねが大切になります。

 

それほど上手くない人でも、何年も練習し続けると、上手い人とかなり近い段階までたどり着くことができます。

 

よって短い時間で多くの絵やイラストを描くことが、直近の目標となりますが、一体どうすれば素早く、大量の作品を生み出すことができるのでしょうか。

 

その疑問の解答となるのが以下となります。

 

量産1

量産2
量産3
量産4

 

仕事でも勉強でもよくあることですが、いいアイデアが浮かぶ過程における悩む時間、考える時間が作品の量産にストップをかけています。

 

そこでノートを使い、アイデアで詰まった場合には、他の作品のアイデアを出し、一度の作品を完成させることは避け、同時並行的に作業を進めることを推奨しています。

 

こうすることで、不要なアイデアでも、ノートの蓄積されるので、いざという時には見返すことができますし、今後の創作活動に活かすこともできます。