日常的にツイッターやSNSなどにコメントを残される方が多いと思いますが、そうした膨大なコメントを主計して、分析した結果、ある傾向が見て取れたようです。

 

生活で使うことが大きく影響していると思いますが、どんなキーワードが上位に来ているか紹介していきます。

ツイッターやSNSでのコメントTOP50

 

今回の集計では、はてなブックマーク、ツイッター、ヤフコメ、そしてはてなブログのコメント欄を採用しています。

 

それぞれTOP50が以下のように一覧となっていますが、およそ傾向が似通っていることがわかります。

 

SNS1 SNS2

 

例えばブログやツイッターでは、基本的にニュースや自身の生活のことをつぶやくこともあり、「見る」や「思う」といった意見を表明する単語が強いです。

 

またあえてつぶやくことから、ある種の感動もしくは落胆での「泣く」が入っています。

 

さらに言えばユーザー層が大人が多いという推測で、子供といったキーワードがTOP3以内に入っているのが特徴でしょうか。

 

暗いニュースが多い中でも、楽しいキーワードが見受けられたので、そうした点では明るくSNSを活用していると思われます。

 

およそ人それぞれ使い方の違いで、コメントに残す言葉は違ってきますが、皆様はどういうコメントをされているか気になるところでしょう。