パソコンやスマホの時代全盛期ということもあり、なかなか文字を書くことが少なくなっています。

 

いざ紙に文字を書こうとすると、漢字よりもひらがなが上手に書けないといったことが起こります。

 

曲線を多用するひらがなの特徴ゆえに起こりうることですが、これを完全するために短時間で上達する方法を紹介していきます。

ひらがなを綺麗&簡単に!ひらがなトレーニング方法について

ひらがなトレーニング

 

一般的に小学生の頃のように、上達したいひらがなを何度も紙に書くという方法も悪くはありませんが、今回紹介する方法に上記のような渦巻を書いて、練習する方法となります。

 

これは二十渦巻の右回りと左回りを均等に丸く描けるスピードと丸の正確さを覚えるとひらがなが綺麗に書けるということで、このようにトレーニグすることになります。

 

どちらか一方だけでなく、両方の方法でやれば、より短時間で上達するはずですので、かねてよりひらがなが苦手という方は是非試してみていただきたいです。