玉ねぎは年中スーパーに並ぶ食材ですが、3~5月にかけて新玉ねぎが販売されることになります。

 

この時期の期間限定ということで、新玉ねぎを美味しく加工して食べる方法を紹介していきます。

 

さっとできる加工方法なので、非常に忙しい人でも実践でき、おすすめです。

新玉ねぎを簡単加工!美味しく食べるための方法について

新玉ねぎ

 

新玉ねぎをどのように加工したいかという点ですが、以上の画像がその完成系になります。

 

ほぼ丸ごと新玉ねぎのままということで、かなりザックリしていますが、美味しさは折り紙付きとなります。

 

調理方法ですが、新玉ねぎに切れ込みを入れ、バターとコンソメを挟み、胡椒を振って、レンチンで5分。その後味ぽんをかけて食べるそうです。

 

包丁で切れ込みを入れる以外にすることがないので、一人暮らしで簡単に料理を作りたい時に重宝します。

 

しかも美味しいからこそ、おすすめできるかと思います。

 

これにアレンジして、もやしなどを投入すると、もっとよくなるはずでしょうし、オリジナルの改善をしてみてはいかがでしょうか。