ご家庭に小さい女のお子さんがいる場合、ぬいぐるみをプレゼントしていることが多いのではないでしょうか。

 

こうしたぬいぐるみは、少しずつ汚れが溜まっていきますし、定期的に綺麗にしないと、お子さんやぬいぐるみの状態が悪くなってしまいます。

 

そこでぬいぐるみを綺麗にする洗い方について紹介していきます。

ぬいぐるみの綺麗な洗い方について

ぬいぐるみ

 

ぬいぐるみを綺麗に洗う方法ですが、以下の手順を踏んで作業を行う必要があります。

 

  1. 熱めの湯にセスキ炭酸ソーダを良く溶かし、洋服ブラシで毛並みに沿ってなでて汚れを落とす。湯が汚れたら捨て、湯の色が透明になるまで繰り返す。
  2. 汚れが落ちない場合はセスキ炭酸ソーダを半量にし、(湯10mlに対し30g)一晩置く。ぬいぐるみが水面に浮き上がる場合は湯に浸したタオルを被せる
  3. 大きなザルを洗面器の中に入れ、ぬいぐるみを持ち上げて水を切る。手で絞らない。
  4. 水が切れたら、水面下でシャワーヘッドを押し上げながら水を出してすすぎ、ザルのまま10分ほど置いて水を切る
  5. バスタオルでくるみ、洗濯機で20~30秒脱水。中央にぬいぐるみを置き、位置がずれないよう乾いたタオルを周囲に置く。小さなぬいぐるみは野菜用水切り器で脱水
  6. ぬれているうちに洋服ブラシでやさしくとかし、毛並みを整える
  7. 平干しネットを使い、風通しがよく直射日光が当たらない場所で乾かす。何度か向きを変え、その都度毛並みを洋服ブラシで整える

 

基本的にセスキ炭酸ソーダはないはずなので、スーパーなどで調達してもらい、一つずつ丁寧に洗ってあげるといいでしょう。

 


for amazon

 

手間としては、ほぼ1日がかりの作業で、汚れが落ちない場合には2日ほどとなっています。

 

それくらいぬいぐるみは隠れたところで汚れが貯まりやすいものであるとお考えいただき、清潔に保って、お子さんやぬいぐるみ共々安全な状態を確保してあげるといいでしょう。