子供の頃は、学校を通じて友達をつくることができましたが、年齢を経るにしたがってそれが難しくなってきます。

 

これは仕事や時間の都合が影響したり、利害の関係上、友達になることの妨げていることもあります。

 

以上を踏まえて、社会人でも友達を作る秘訣があれば何があるでしょうか。

社会人はなぜ友達が作りにくいか

ビジネスマン

 

まずなぜ社会人で友達が作りにくい理由についてですが、時間的な都合の制約、同僚や取引先の人と友達になるには利害などが関係して、それを妨げていることがあります。

 

それ以外にも考え方に問題があるのではないでしょうか。

 

例えばオフの時に社会人サークルに参加したり、何らかの習い事をして、友達を作ることは現実的に可能ではありますが、そうする人が限られてくるのは、そうした意欲よりも失敗を避けようとして億劫になることが要因だと思われます。

 

特に社会人になると、必ずしもしなくてもいいこと(友達を作る)があると、やはりしないことが多いでしょう。

 

積極的に攻め続けるだけのモチベーションが必要不可欠ですが、仕事のような考え方だと、どうしてもミスを減らすことに焦点が当たります。

 

実際に人に話しかけれて、相性が良く、そして相手側も同じように感じてくれれば、友達になれますが、なかなかそうした一致は難しいものです。

 

2度もしくは3度の失敗で、挫折して面倒になるのも気持ち的にわかるはずです。

子供に学ぶ友達作りの成功体験

 

ちなみに友達作りが得意な子供の話で、どうしてそんなに友達作りが得意なのかという質問で、「遊ぼうって言って、ダメだったら違う子に話しかければいいから簡単だよ」と答えた子供がいるそうです。

 

簡単なことになりますが、普通の子供や大人では、むしろ難易度が高い行為ではないでしょうか。

 

それでもやらないことには前に進まないので、挑戦してみることが肝要でしょう。

 

実践することはいいことですが、始めの段階であまりにも高いハードルを課して、挫折する前に、絶対に成功する目標を掲げて徐々にステップアップしてみましょう。