神戸屋というパンやお菓子を製造する会社が営むベーカリーレストラン、キッチンがありますが、テレビはもちろんのこと、ネットでも大きく話題となっています。

 

その理由としては、おいしいパンは大前提として、バイトの着る衣装がものすごくかわいいものになっていることから、両方を目的として一度は訪れたいスポットだと言えるでしょう。

 

その際おすすめとなるパンメニューと注目の衣装について紹介していきます。

神戸屋のおすすめパンと衣装とは?

衣装

 

まず神戸屋で採用されている制服、衣装になりますが、上記のような青と白を基調としたデザインとなっています。

 

男性、女性双方から見ても、かわいい衣装であることは間違いないでしょうし、意図してかは不明ですが、それを着こなす女性も制服に似合う方が多く在籍しているようです。

 

レベルの高い制服になりますが、全体像は以下のようなものに仕上がっていて、細部にこだわりが感じられます。

 

神戸屋

アイ逃げ @ESCimAsより引用

 

料理に盛り付けが食欲をそそるようなイメージで、この制服がお店全体のイメージアップに繋がっているでしょう。普通のパン屋では、ここまでのものはなかなか見受けられないので、だからこそ注目が集まったかと思います。

 

続いて本命のおすすめとなるパンですが、オレンジツイストコメコハースの2点です。

 

パン用語1 ハース

型や天板を使わず、窯の焼き床の上に直接生地を置いて焼くこと。ハースとは「火床」のことです。この方法で焼いたパンを「ハースブレッド(直焼きパン)」といいます。

 

なおコメコハースは、米粉を原料として作られたパンで、もちっとした食感がクセになるので、購入する機会があれば、多めに食してみたいでしょう。

 

また神戸屋では、店舗によってでしょうが、パンの食べ放題があります。例えば東京駅の八重洲地下街では、994円で食べ放題が利用可能になります。

 

メニュー

 

以上のような画像の感覚で、自由にパンを選ぶことができます。

 

スープとコーヒーを加えて、神戸屋で昼食を満喫してはいかがでしょうか。