『七つの習慣』では、タイトル通り、人生の成功において必要な7つの習慣をそれぞれ取り上げていますが、大前提としてインサイド・アウトという概念を紹介しています。

 

このインサイド・アウト、内から外へという考えが、ヒューリスティック的な方法論ではなく、体系だった知識書として機能させていることになります。

 

スティーブン・R・コヴィー氏の提唱するインサイド・アウトを一つずつ紐解いていきます。

インサイド・アウトとは何か?

七つの習慣

 

まずインサイド・アウトとは何かですが、以下のような意味となります。

 

自分のパラダイムや人格、動機を反省し、自らの行動を変えることで問題を解決し、結果を得ようとする考え方。自分の影響の輪を広げることで人間関係や組織を改善しようとするアプローチ方法

 

それに対して、逆の概念となるアウトサイド・インというものもあります。

 

他人や環境など、自分の外側にある要因が変わらなければ結果は得られない、という考え方

 

この考え方、思考方法がどうして『七つの習慣』で重要な立ち位置を占めるかというと、何事も解決の軸となるのは自分自身の変化によってのみ起こりうるということに起因するからです。

 

そしてインサイド・アウトがどうかかわってくるのか、以下紹介していきます。

インサイド・アウトで何が変わるか?

 

ところで、本当の成功とは何でしょうか?

 

まず誰しも成功、ハッピーエンドになることを求めて活動していますが、それは非常に得難いものと言えるでしょう。

 

Many people with secondary greatness – that is, social recognition for talents – lack primary greatness or goodness in their character.

表面的な成功に恵まれた人の中でも、・・・真の成功を達成していない人もいる

 

例えば一般的に成功者と呼ばれている人達の中でも、真に成功しているとは言い難い人もいると指摘しています。

 

表面上のテクニックによって成功したとしても、短期的な成功にしか結びつかず、逆に長期で成功するには、誠実さや人柄を磨くことで、揺るぎない土台をつくり、継続的に認められることが必要となります。

 

続いての事柄は、自分の見方は正しいかといった視点や姿勢についての取り扱いです。

 

We see the world, not as it is, but as we are – or, as we are conditioned to see it.

私たちは世界をあるがままに見ているのではなく、私たちのあるがままに(条件づけされたままに)世界を見ているのだ

 

インサイド・アウトの本文では、これまで培った自分の知識や経験、世界観のフィルターを通して、情報の斟酌していることになります。

 

これによって世界をより単純に見ていますが、時にそうしたことが、かえって弊害を生むこととなります。

 

一種の偏見による誤解、祖語により、他者の理解を妨げてしまうといったことで、自分だけでなく、相互に傷つくこともあり得ますので、多角的な理解が求められることになります。

失敗する人、成功する人の違い、法則とは?

 

関心ごととして、成功する、もしくは失敗する人の違いは何によってもたらされるかということですが、物の見方次第で結果は変わるとしています。

 

Before we can really understand these Seven Habits, we need to understand our own “paradigms” and how to make a “paradigm shift”

この『7つの習慣』を本当の意味で理解するには、まず自分たちの持つパラダイムというものを理解し、そしてそのパラダイムを転換させる方法を知らなければならない

 

「自分の見方は正しいか?」の通り、価値観の違い次第で、悪い結果をもたらしうることもあります。

 

これを解決する方法は、パラダイムを転換させる方法を知ることです。パラダイムとは、行動や結果まで影響する物の見方を指します。

 

The Character Ethic is based on the fundamental idea that there are principles that govern human effectiveness – natural laws in the human dimension…

人格主義は、私たちの人生を支配する原則が存在するという基本的な概念に基づいている。・・・人間の生活にも自然の法則があるということだ

 

もし誤ったパラダイムに固執してしまう、自分だけ良ければそれでいい、利益最優先が理にかなっているといったことを前提に行動していると、あらぬところで足をすくわれたり、落とし穴にはまるといったことにもなり得ます。

 

In all of life, there are sequential stages of growth and development. … Each step is important and each one takes time. No step can be skipped.

人間の成長過程には、しかるべき順序とプロセスがある。・・・各段階ともそれぞれ大切であり、またそれぞれに時間がかかる。どの段階も飛ばすことができない

 

そこで人間の成長プロセスにおいては、自分自身をどのように変えていくかを問題提起しつつ、自分の行動を改善する練習をして、それを習慣化していくという手順が必要となります。

 

… is there a chance that efficiency is not the answer ? Is getting more things done in less time going to make a differnce…?

効率を上げることが、本当に問題の根本的な解決になるのだろうか。より少ない時間でより多くのことを成し遂げるだけで、本当に生活が良くなるのだろうか

 

『七つの習慣』では、効率を上げることが根本的な解決にならないと明示していて、手っ取り早く問題を解決、効果を高めたいということは誤りだとしています。

 

そうしたことをしていないと、表面的な問題解決はより深刻な形で再発します。時によっては甚大な被害を発生しうることから、発想やピントを正し、正しい姿勢での問題解決を求めています。

 

“Inside – out” means to start first with self; even more fundamentally, to start with the most inside part of self – with your paradigms, your character, and yourmotives.

インサイド・アウトとは、自分自身の内面(インサイド・アウト)を変えるところから始めるということであり、自分自身の根本的なパラダイム、人格、動機などを変えることから始めるということである

 

最後にインサイド・アウトは、自分自身を通して世界を変えるという考え方であり、『七つの習慣』という具体的な方法で、私たちに変化の方法を享受してくれます。

 

変わらなきゃと感じている方で、具体的にどうしたらいいかお悩みであれば、本書を読了してみることをおすすめします。

 


for amazon


for amazon

 

⇒ 『七つの習慣』とはどんな習慣?ざっくりわかる要点まとめ!