スティーブン・R・コヴィー氏の著書となる『七つの習慣』がありますが、様々な書籍の引用にもなるほどの素晴らしい出来栄えの名著となりますが、中身を読んだことのない人でも簡単にわかるように要約を紹介していきます。

 

充実した人生を過ごすための自己改造の先駆けになりますので、要約に興味を持てば、本書を読了いただければと思います。

『七つの習慣』とは?7つの習慣をピックアップ

7つの習慣

 

まず個々の習慣の紹介の前に、7つの習慣とはどんなものかを並べてみます。

 

  • 第1の習慣 主体性を発揮する
  • 第2の習慣 目的を持って始める
  • 第3の習慣 重要事項を優先する
  • 第4の習慣 Win-Winを考える
  • 第5の習慣 理解してから理解される
  • 第6の習慣 相乗効果を発揮する
  • 第7の習慣 刃を砥ぐ

 

それぞれが重要となる習慣になりますが、これだけではなかなか本質が掴めないでしょう。

 

自己啓発本の中には似たようなことが書いていますが、一線を画すのが本書だと考えますので、最終的には要約よりも本書の読破が必須でしょう。

第1の習慣の要約

 

第1の習慣は、主体性を発揮することです。

 

本書では、以下のような記述がなされています。

 

Between stimulus and response is our(=human)greatest power-the freedom to choose

刺激と反応の間に人間だけに与えられた素晴らしい力が存在している。それが反応を選択する能力なのである

 

It(=proactivity) means morea than merely taking initiative. It means that as human beings, we are responsible for our own lives

主体性を持つということは率先力を発揮するだけでなく、人間として自分の人生に対する責任をとるということである

 

人間は非常に弱い人間です。ごく限られた少数の天才でなければ、人生は挫折の連続で、それゆえに常に弱さが付きまといます。

 

自分に自信がないと失敗を他人のせいにしてしまう、そうしたことが少なからずあるはずです。

 

こうしたことが積み重なると習慣として、どんな出来事も引き起こされてしまったと考えるクセがつきます。

 

失敗したのはOOのせい、欠点・落ち度は常にOOにあるといった、原因や責任の所在を自分以外に求めようとします。

 

主体性を発揮するという習慣は、「なぜ、こうしたのか」ということを考え、環境や状況に左右されずに、自分の意思で物事を変えていくことをさせてくれる習慣となります。

 

また主体性を持つことで、自身だけでなく他者にも影響を与えることができます。

 

we are responsible – “response-able”- to control our lives and to powerfully influence our circumstances by working on be, on what we are.

私たちには、反応を選択する能力がある。自分の人生をコントロールし、自分のあり方や人格そのものに集中することにより自分の周りの状況に大きく作用を及ぼすことができる。

 

本書によるとその方法は、自身の変化にのみよって引き起こされるとしています。

 

そのためやみくもに相手に変化を求めても無意味で、むしろ変化を起こせるのは自分自身のみともいえるでしょう。

 

It is in the ordinary events of every day that we develop the proactive capacity to handle the extraordinary pressure of life.

人生の多きなチャレンジに主体的に対応する力が育成されるのは、日々の平凡な出来事の中にあるのだ。

 

最後に、主体性そのものを育成、醸成されるのは、日々の積み重ねの末となります。日々の変化は小さくても、長く続けていけば、きっと大きな変化が生まれることでしょう。

第2の習慣の要約

 

第2の習慣は、目的を持って始めるということです。

 

いわゆる目的意識を持つことになりますが、これを忠実に実行することが限りなく難しいのは周知の通りです。

 

If the ladder is not leaning against the right wall,every step we take just gets us to the wrong place faster

もしはしごをかけ違えていれば、一段ずつ昇るごとに間違った場所に早く辿り着くだけである

 

手厳しい指摘になりますが、目的を持ち、方向性をイメージするまではいいですが、それに至る方法を間違えると、あらぬ方向に行ってしまうことに繋がります。

 

こうした方法を間違えないためにも、目的はより具体的に、また簡潔であるべきと指摘しています。

 

目的から入り、目的のために行動することが成功のカギと言えます。

 

As we recognize the ineffective scripts, the incorrect or in complete paradigms within us, we can proactively begin to rescript ourselves.

(私たちは)自分の持っている非効率な(人生の)脚本や不完全なパラダイムに気がつけば、主体的にその脚本を書き直すことができる

 

もし道を誤った、もしくは誤っていることに気づいた場合には、これまでの脚本を書き直す、つまりいつでも修正できることを指摘しています。

 

むしろ大抵の人は、誤ったところを直してからが本番で、そこから成功の道へ進むのが肝要でしょう。

 

By centering our lives on timeless, unchanging principles, we create a fundamental paradigm of effective living.

時代を超えた普遍的な原則を自分の生活の中心におくことにより、効果的な人生を営むために正確な基礎的なパラダイムを持つことができる

 

Your mission statement becomes your constitution, the solid expression of your vision and values.

ミッション・ステートメントはあなたの憲法であり、しっかりとしたビジョンと価値観の表現である

 

また本書では上記のような言葉が記されており、自分の人生の目標という最大の目標を記すことで、ブレない自分をつくりあげていきたいでしょう。

第3の習慣の要約

 

第3の習慣は、重要事項を優先することです。

 

The challenge is not to manage time, but to manage ourselves.

時間は管理できるものではない。唯一管理できるのは、自分自身でしかない

 

書店に足を運ぶと、時間管理の本が並ぶところを見受けますが、『7つの習慣』では時間は管理できるものではないと指摘しています。

 

システム手帳、スケジュール帳、時間管理ソフトなどがあったりしますが、これらを駆使しても「自分の人生を生きている」といった充実感は得られないばかりか、時間単位で区切りをつけることから、中途半端に仕上がってしまう原因になります。

 

またスケジュールに空白の時間がある=何をしてもいい時間となってしまって、つい無駄な時間を過ごしてしまうことも起こり得ます。

 

では一体どうすればいいかというと、重要事項を優先するというのが答えになります。

 

If it(saying”no”)isn’t to the apparent, urgent things in your life, it is probably to the more fundamental,highly important things.

一見重要に見える緊急事項に対してノーと言っているのでなければ、もっと基礎的で重要な活動を断っていることになる

 

There are times when principle-centered Quadrant II libing requires the subordination of schedules to peole.

第二領域に集中した生活を営むためには、スケジュールを人のニーズに服従させなければならない。ツールはその価値観を反映するものでなければならない

 

本書では、優先事項という概念がありますが、より詳しく中身を見ると、4つのカテゴリー、領域があると表明しています。

 

  • 第1領域 緊急で重要なこと
  • 第2領域 緊急ではないが重要なこと
  • 第3領域 緊急だが重要ではないこと
  • 第4領域 緊急でも重要でもないこと

 

この4つの領域の中で、特に重要なものに第2領域があります。

 

例えば人間関係作り、仕事や勉強の準備や計画、健康維持や自己啓発といったことにかかる時間をもっと増やそうと指摘します。

 

ただ社会人になると、時間にかかる成約が厳しく、時間がないと困ってしまうのが現状でしょう。

 

その解決策として、デレケーション(委任、委託)があるとしています。

 

Delegation means growth, both for individuals and for organizations.

デレゲーションは人や組織の成長を促す最も強力な方法のひとつである

 

目標達成の方法として、他の人に仕事を任せることで、自分の時間を他のことに向けてより生産性を上げることができるとしています。

第4の習慣の要約

 

第4の習慣では、Win-Winを考えるというものです。

 

よい人間関係を構築するためには、信頼の積み重ねを意識して、人そのものをブラッシュアップすることが肝要です。

 

The most important ingedient we put into any relationship is not what we say or what we do, but what we are.

人間関係づくりに最も大切な要素は、私たちが何を言うか、何をするかということではなく、私たちはどういう人間であるかということである

 

より具体的には、以下のようなことを行って信頼残高を増やしていくことです。

 

  1. 相手の価値観・重視していることを理解する
  2. 小さな心遣いや礼儀を大切にする
  3. 約束を守る
  4. お互いが期待することを明確にする
  5. 誠実さを示す
  6. あやまちは誠意をもって謝る

 

日々の積み重ねが、自身を信頼できる人間にしてくれます。簡単なことのように思えますが、意外と難しいというのが率直な感想ですが、まずはできることから始めるのが成功の近道となります。

 

In the long run, if it(=a kind of productive relationship)isn’t a win for both of us, we both lose.That’s why Win/Win is the only real alternative in interdependent realities

長期においては、両方が勝たなければ、両方の負けになる。だから相互依存の現実においては、Win-Win以外に現実的な方法はないのだ

 

If you talk Win/Win but reward Win/Lose, you’ve got a losing program on your hands.

Win-Winを提唱している一方で、Win-Loseの行動に対する報い(報奨、報酬、称賛、昇格など)が与えれている場合、成功することは稀である

 

さて人間関係の構築においては、Win-Winの関係でなければならないとしています。

 

非常にわかりやすい言葉ですが、利害関係が混じった現実で、これを実行に移すことが極めて困難でもあります。これができるか、できないかの違いが、成功できる人とそうでない人の違いになるのかもしれません。

 

また集団生活においては、競争があるがゆえに、足の引っ張り合いがあることはご承知の通りでしょう。こうした状況は、個人だけでなく、企業や組織の成功からも離れていくともあり、日本の企業そのものの運営にも大きな課題と言えるでしょう。

第5の習慣の要約

 

第5の習慣は、理解してから理解されることです。いわゆる相互理解と言えばわかりやすいでしょうか。

 

Seek first to underestand, then to be understood.This principle is the key to effective interpersonal communication.

まず相手を理解するように努め、その後で、自分を理解してもらうようにしないさい。この原則が、人間関係における効果的なコミュニケーションの鍵なのである

 

相互理解の原則は、相手の理解から始め、次に自分を理解してもらうことです。順序が逆にはなってはいけません。

 

なぜそうなってはいけないかというと、『7つの習慣』では以下のように説いています。

 

You have to build the skills of empathic listenig on a abase of character that inspires openness and trust.

信頼を築き、相手が本音で話せるような人格の土台の上に、感情移入の傾聴のスキルを積み上げていかなければならない

 

Before the problems come up, before you try to evaluate and prescribe, before you try to present your own ideas-seek to understand. It’s a powerful habit of effective interedependence.

問題が起きる前に、評価したり処方したりする前に、自分の考えを打ち出そうとする前に、まず理解しようとする。それが相互依存の協力な習慣なのである

 

自分の世界観というフィルターを通して、相手のことを考えると、誤った結論に至るばかりか、相手を失望させ、自身の信頼も失ってしまうことに繋がります。

 

そのため、まずは相手の理解からはじめ、信頼を築き、本音で接してもらうことが第一となります。これまでの相手の認識がガラッと変わることもありますし、より相手が何を感じ、何を思っているのかをより正しく把握することができます。

 

日頃の訓練で、感情移入して相手の言葉に耳を傾けることができるようになることが、理解してから理解されることの神髄でしょう。

第6の習慣の要約

 

第6の習慣は、相乗効果を発揮することです。

 

相乗効果の例として、企業の合併することで、互いの強みを発揮することで、より利益、収益率を上げることがあります。

 

Synegy is the essence of principle- centered leadership. … It catalyzes, unifies, and unleashes the greatest powers within people.

相乗効果ことが、原則中心リーダーシップの本質である。それは人々に内在する大きな力を引き出し、統一し、開放を促す働きをする

 

Synegy means that 1+1 may equal 8,16,or even 1600. … they(= all parties) genuinely enjoy the creative enterprise.

相乗効果的なコミュニケーションを行えば、1プラス1は、8、16、あるいは1600にもなる。・・・(当事者は)創造的な活動に参加することを、心から楽しむことになる

 

ただ現実の世界で、必ずしも企業合併が上手くいかないように、共同作業での相乗効果が発揮されているとは言い難いのもまた事実です。

 

You can value the difference in other people. When someone disagrees with you, you can say. “Good! You see in differently.”

(あなたは)相手の相違点を尊ぶことができる。誰かがあなたの意見を否定するとき、次のように言える。『よかった。あなたは違う意見を持っている』と。

 

原因としては、対立を避けるためにお互いが妥協してしまうことで、相互の利点が発揮されないことがあります。

角を立てたくないことから起こる、世間一般的によくありがちな事例ですが、もり仮にこのような弊害を取り除くことができれば、相乗効果の利点を享受できると言ってもいいでしょう。

第7の習慣の要約

 

最後の習慣となる、第7の習慣は、刃を研ぐことです。

 

これだけでは何を言いたいかわかりませんが、本書では第1~6の習慣をより効果的に発揮するために自分自身を高めることを指します。

 

具体的にどういった点を高めればいいのかということですが、答えは本文になります。

 

… ourselves … (is) the only instrument we have with which to deal with life and to contribute. We are the instruments of our own perfomance, and to be effective…

つまるところ、人生に立ち向かうために、そして貢献するために使える道具は自分自身しかないのであり、自分の出す業績はすべて、その胴部を活用して作り出すのである

 

Probably the greatest benefit you will experience from exercing will be the development of your Habit 1 muscles of proactivity.

運動することで得られる最大のメリットは、第1の習慣である主体性という精神的な筋肉を鍛えることだろう

 

いわゆる勉強による精神面の成長ではなく、肉体強化による身体的な成長が不可欠としています。

 

肉体と精神は繋がっていて、身体を鍛えることが敷いては精神をはじめ知性を強化、補完してくれると明示しています。

 

It(= the Daily Private Victory) will affect evry decision, every relationship. It will greatly improve the quality, the effectiveness of every other hour of the day, including the depth and restfulness of your sleep.

この(毎日の私的成功の)習慣こそが、あなたの行うすべての決断、あなたの持つすべての人間関係、残りのすべての時間、睡眠の深さに至るまで、多大な影響を及ぼすのである

 

また副次的な効果として、肉体関係の基礎がしっかりすると、自身の決する判断、人間関係、時間の使い方、そして心地よい睡眠を得られるとしています。

 

年齢と共に、残念ながら肉体が衰えていくことになりますが、それでも日々の鍛錬で、身体を強くしていきたいでしょう。

 

Goethe taught, “Treat a man as he is and he will remain as he is. Treat a man as he can and should be and he will become as he can and should be.”

ゲーテは次のように教えた。『現在の姿を見て接すれば、人は現在のままだろう。人のあるべき姿を見て接すれば、あるべき姿に成長していくだろう』

 

最後のかの哲学者・ゲーテは、上記のような言葉を発しています。

 

人のあるべき姿を見て接すれば、あるべき姿に成長してくだろうと述べていますが、これは凡人には厳しすぎるきらいがありますが、徐々に変えていくといいでしょう。

まとめ

 

『7つの習慣』は、ベストセラー的な存在で、海外及び日本の読者に多大な影響を与えた作品と言えるでしょう。

 

今回は要約としてエッセンスを紹介しましたが、最終的には本書を読了いただくことが一番望ましいでしょう。

 

読書が苦手という方であれば、マンガでわかるシリーズも刊行されていますので、一読してみてはいかがでしょうか。

 

for amazon


for amazon